ブルーベリージャム

 夏、庭に植えたブルーベリーの実が色づき始めました。さあ、そろそろ収穫かな?と思い次の日見てみると、半分かじられた跡が(ToT)。熟して黒くなったものから、一粒残らず、半分かじられている。全部食べるならまだしも、「半分かじる」というのはいったいどういうことなのでしょう。犯人は誰だ?春からこの木に住み着いているアマガエル君か?虫か?一番怪しいのは野鳥でしょう。ブルーベリーの木から鳥が飛び立つのを何度か見かけました。実をつついて、中の果肉だけを食べているようです。前の工房では防鳥ネットなどしなくても全く食べられたことはなかったのですが、現在の工房は近くに大きな森がないので、鳥の餌が乏しいのかもしれません。しかしながら、私の大事なアントシアニンを全て食べられてしまうのを、指をくわえて見ているわけにはいきません。早速ホームセンターで防鳥ネットを購入。木々をネットで覆いました。まだ若木なので難なく終了。覆っている最中に、上空の方から

「何すんねーん。やめい。やめい。」

と抗議の声をあげて鳴く、鳥の声がしていて、振り返ってみるとそれはオナガドリでした。現在の工房は、住宅がほどよく並んだ地区なのですが、山ではあまり見かけなかったこのオナガドリをよく見かけます。民家に住むんですかね?

「ごめんねー。他のエサ探してねー。」

 それからは、防鳥ネットのおかげでブルーベリーは順調に黒く熟していきました。植え替えたばかりなので、例年より、小粒です。(水が足りなかったのかもしれません。)それに、防鳥ネットがあると収穫しにくいですね(^^ゞ。少しずつ収穫して、洗って袋に入れて冷凍します。最近はジャムにせずに冷凍のままヨーグルトにコロコロ入れて食べていたのですが、ご近所様やこがちょもさんからもブルーベリーをいただき、それなりの量に達したので今回はジャムを作りました。砂糖はキビ砂糖を少なめに入れます。あまり入れると、日持ちはするのですが、甘すぎてブルーベリーの味が感じにくくなります。

 土鍋に凍ったブルーベリーと砂糖を入れしばらく置きます。中火にかけ、沸騰してきたらクツクツいうくらいの弱火にします。丁寧に灰汁をすくいながら煮詰めていきます。ブルーベリーもゆず同様ペクチンが豊富なので、ある程度汁気を残して火を止め、レモン半分の果汁を加えてまぜます。煮沸した瓶にジャムを口より少し少な目に入れ、何度かトントンと台の上でバウンドさせて中の空気を抜きます。蓋をして冷ましたら、冷凍庫に保存。一瓶ずつ冷蔵庫で解凍して使います。

 

(注)私のジャムの作り方は砂糖少なめで、さらに冷凍保存するため、かなりおおざっぱな容器保存のやり方です。

   常温保存する方は、脱気など正しいやり方を行ってくださいね。

 

 

 

2018年10月04日