About Zougan(Inlay) / 象嵌(ぞうがん)とは

 象嵌とは、素地と異なる色・素材のものが、素地に嵌め(埋め)込まれた状態に仕上がる技法の総称です。

 象嵌には様々な種類がありますが、私の制作する作品においては、素地に模様を彫り、そこに素地とは異なる彩色土を埋め込んで作る「彫り込み象嵌」です。

 

 以下に、トンボ文の象嵌工程を紹介します。


工程 ①

トンボの胴体を彫る。

 


工程 ②

水をつけて茶色の粘土を埋める。

 


工程 ③

嵌入土を加圧して密着させ、素地と同じ硬さになったら削る。

 


工程 ④

トンボの「羽」と「胴体の節」を彫る。

 


工程 ⑤

水をつけて「白い粘土」と「黒い粘土」を埋める。

 


工程 ⑥

嵌入土を加圧して密着させ、素地と同じ硬さになったら削る。

 


工程 ⑦

表面をきれいに仕上げる。

 


工程 ⑧

素焼き後、釉薬を薄く吹きかけて本焼き。

 


※展示説明用に制作したものなので、強度を持たせるためすべて本焼きしていますが、本来①~⑦は生素地の状態で作業します。

 

 このトンボ文は茶・白・黒の3色ですが、作品によっては嵌入土を十数種類使用する場合もあります。嵌入土の種類が多くなれば、象嵌工程はそれに比例して増えていきます。